投資を始める

キッチン

中古ワンルームマンション等の賃貸物件を購入するよりも、よりリスクを抑えて不動産投資をすることができる方法があります。この方法は直接的に所有権を保有することができるわけではありませんが、賃貸物件の管理をする必要もなく、また、気に入ったら買い増しもしていくことができます。実物不動産では不可能な切り売りも可能です。その投資商品とは上場不動産投資信託です。株式市場で売買されているため、現在の価格をすぐに把握することができ、しかも指値を利用できます。つまり、自分が買いたい価格まで待つことができますし、投資口は1口ではないので、少しずつ購入して価格を平準化することもできます。今、個人のみならず機関投資家にも人気です。

ここ数年の間に新規上場銘柄も増えてきました。海外不動産に投資をするものや、病院や老人ホームなどのヘルスケア施設を中心に運用するものが登場しています。これらの賃貸物件は個人では到底投資をすることができるものではありませんが、上場不動産投資信託という投資商品を介すことで間接的に投資をすることができ、その利益を享受することができます。これから外国人旅行者が増えると考えているのであれば、ホテルを賃貸している銘柄を保有していけばよいですし、通信販売がさらに伸びると考えているのであれば、物流施設をメインに運用をしている銘柄を保有していけばよいわけです。少ない投資金額でも臨機応変に動くことができるので資産運用に組み入れたい投資商品と言えます。

注目の記事