退去時の方法

キッチンにいる女性

賃貸から引越しをする場合は、引越し先の賃貸との住み替えのタイミングを見極める必要があります。賃貸マンションから退去するには事前に大家さんに連絡をする義務があり、それを怠ってしまうと家賃一カ月分から二か月分の違約金が請求されることもあります。そうすると引っ越し先の賃貸マンションと家賃と一緒にWで家賃を支払わなければならなくなります。 また、引越しをする時には敷金トラブルを防ぐために、大家さんに立ち会ってもらうことをお勧めします。立ち合いがないと、引っ越してしまった後で身に覚えのない原状回復費を請求されてしまう事もあるからです。 計画的に引越しをすることで余計な出費を防ぐことができ、さらには敷金を返金してもらい、気持よく新生活がスタートできます。

昔は単身者向けの賃貸マンションが多かったですが、今はファミリーでも賃貸生活をすることに抵抗がない人が増えていることもあり、間取りが多めの大規模賃貸マンションが多くなっています。ペットが飼えるペット飼育可の賃貸マンションも多く、ドッグランがついていたり、猫用のくぐり戸がついていたり、玄関にペット用の足洗い場がついている賃貸マンションもあります。 また、高齢化社会に相応しい、完全バリアフリー仕様の賃貸マンションや、高齢者向けの介護サービス付き賃貸マンション、シニア向けの賃貸マンションなどもあります。高齢者が増えている現代、そのようなお年寄りに優しいマンションはこれから需要が高くなっていくと思います。

注目の記事