返済方法

高層マンション

住宅ローンが支払えなくなった場合どうしたらいいのだろうと考えるだけで時間ばかりが経ってしまうこともあります。そのように考えていたら金融機関から督促状が届くがどうすることも出来ないとなります。そんな時何もしないで放っておくと最終的には住宅は競売にかけられ失ってしまいます。そうならないためにも早い段階で銀行や専門の機関に相談に行くことが大切です。役所などの公的機関が主催している無料の相談セミナーもあるのでこうしたものも利用できます。 早い段階で相談することで任意売却という手段があります。この手段は誰しもが利用できるというわけではありませんが金融機関の同意の下で利用できるのです。専門の弁護士事務所や司法書士事務所に相談して任意売却を任せた場合はこうした金融機関との交渉も行ってくれるのです。

任意売却に関する交渉を金融機関とするために弁護士事務所などに依頼した場合こうした事務所に手出しで費用を支払う必要はないのです。もちろんこうした事務所は無料で行うというわけではありません。任意売却で設定された価格に基づいて成功報酬という形で支払われるのです。この価格はあらかじめ法律で決められていて売却される価格の3%プラス6万円に消費税と一律で決められているのです。この価格が売却価格から差し引かれて弁護士事務所に支払われるのです。残ったお金を金融機関に残債の支払いとして払われます。この際に引っ越し費用などが必要であれば事前に交渉して売却費用から手元に残る場合もあるのです。 競売にかけられることになると近隣住民への聞き取り調査がされることもありその土地に住み続けることが難しいことも考えられるのです。そうならないためにも早急に対処することが大切です。

注目の記事